認知機能低下の有無や程度を客観的に把握する「認知機能テスト」

 認知機能テストとは、認知機能低下の有無や程度を調べるためのテストです。テストにはいくつかの方法がありますが、一般的によく用いられているのが「長谷川式簡易知能評価スケール」です。記憶力をはじめ、日時や場所の見当識、計算力、注意集中力、自発性、依存性など、認知機能に関連する9つの設問からなり、30点満点中20点以下であれば、認知症が疑われます。
 なお、このテストは本人の認知機能を客観的に把握するためのものなので、本人がうまく答えられなくても、家族は助け船を出さず、見守るようにしましょう。

認知機能テストの設問例

認知機能テストの設問例
本人がうまく答えられなくても、家族は見守るようにしてください