脳の内部の病変を調べる「画像検査」

 認知症は、脳の神経細胞が壊されたことによって起こります。そのため、問診や認知機能テストで認知症が疑われる場合は、画像検査を行って脳の内部の病変を調べます。画像検査でよく行われるのは、「MRI検査(磁気共鳴画像)」で、脳の萎縮や病変を調べることができます。
 その他にも、やはり脳の萎縮を調べる目的で「CT検査(コンピュータ断層撮影)」が行われることや、脳の血流の働きを調べるために「SPECT検査(単一光子放射コンピュータ断層撮影)」が行われることもあります。また、「PET検査(陽電子放射断層撮影)」で脳の機能を調べることもあります。

認知症を調べるための画像検査

MRI検査(磁気共鳴画像)

 電磁波を使って脳の内部を様々な角度から撮影し、画像化する検査です。CT検査よりも鮮明な画像を得ることができ、脳の萎縮した部位や脳梗塞を起こした部位、脳腫瘍の有無などがわかります。
  • 前頭側頭型認知症
    前頭側頭型認知症
  • アルツハイマー型認知症
    アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
    脳血管性認知症
  • 正常圧水頭症
    正常圧水頭症

CT(コンピュータ断層撮影)

 X線を使って、脳の内部を輪切りにした状態の断面図を画像化する検査です。脳の萎縮や脳梗塞、脳腫瘍の有無などがわかります。

SPECT(単一光子放射コンピュータ断層撮影)

 ラジオアイソトープとよばれる放射性医薬品を静脈に注射し、脳の血流の状態を調べます。脳の代謝が活発な部位では血流量が増え、代謝が低下している部位では血流量が少なくなります。このことから、脳の働きが低下している部位を知ることができます。

PET(陽電子放射断層撮影)

 陽電子(ポジトロン)を出す物質を静脈に注射し、脳の内部を撮影します。脳のエネルギー源であるブドウ糖の代謝を調べることで、脳の活動が低下している部位、あるいは神経細胞の壊死がみられる部位などがわかります。また近年は、脳にアミロイドβたんぱくがどの程度蓄積されているのかがわかる「アミロイドイメージング」も行われます。